フェイシャルエステとメイクアップでお顔を美しくする「顔の専門家」を作りたい・・・当協会はそうした考えから発足しました。

当協会は、年齢、肌質、性別を問わず、どなたにも健康な輝く素肌を手に入れていただける正しいスキンケア理論と、第一印象でその人の内面やその人らしさを十分に伝えることのできるメイクアップ理論を学び、それらを実現するテクニックを習得した顔のスペシャリスト、すなわちフェイシャルスタイリストの育成と普及を目指しています。

顔や肌がきれいになると心が晴れやかになります。ですから、フェイシャルスタイリストはたくさんの人を幸せな気持ちにすることができる素晴らしい仕事です。

人を綺麗にしてあげたい人、特別な技術を身につけて働いてみたい人、また、そういう人たちをバックアップしたいと思っている人や企業の方々・・・それぞれの立場で日本フェイシャルスタイリスト協会を存分にご利用いただき、ご支援くださいますようよろしくお願い申し上げます。

NPO法人 日本フェイシャルスタイリスト協会理事長
米国ナチュラルメディスン大学 医学博士号(健康医学)
河嶋明世(プラスロン明世)

河嶋明世(プラスロン明世) Profile

NPO法人 日本フェイシャルスタリイスト協会理事長
米国 ナチュラルメディスン大学 医学博士号(健康医学)
プラスロン化粧品株式会社代表取締役
米国Make-up Designory NY校 Artistry Course卒業
仏国コートダジュール Ecole Elegance Gontardにてフェイシャルエステを修得
AFT色彩検定1級ファッションカラーコーディネーター

- 主な著書 -
「ニキビちゃんこそ美人になれる」(祥伝社)
「ニキビちゃん さようなら。」(現代書林)
「親子で覚える初めてのお化粧」(現代書林)

1992年、プラスロン化粧品株式会社を設立。フェイシャルスタイリストとして自ら銀座8丁目の直営店に立ち、30,000人を越えるニキビやシミ・シワなどお肌に悩みを持つ方々へ、お手入れやカウンセリングを行ってきた実績を持つ。

協会設立の目的
  1. 会員の指導教育によりフェイシャルスタイリストを養成する。
  2. 社会の変化や時代とともに変わっていくフェイシャルエステティックやメイクアップの手法を提唱・リードする。
  3. 講座の開設・検定の実施といった活動を通じて広く社会に情報を発信し、国民生活の向上に寄与する。
  4. フェイシャルスタイリスト指導者の人材を育成する。
活動方針
  1. 社会や時代に対応した最新のフェイシャルエステティックやメイクアップ手法に関する研究・調査を行い、フェイシャルスタイリストの効率的なステップアップを図る。
  2. 研修会・セミナーを随時開催する。
  3. 広く社会的認知を促進するため広報活動を行う。
具体的な活動内容

  1. フェイシャルスタイリストに関する実態調査・意識調査および報告書の発行。
  2. 情報・資料の収集と提供。
  3. 各種交流会および委員会の開催
  4. 教育と資格認定
  5. 各種研修会・セミナーの開催
  6. 資格認定証および会員証の発行
  7. 会報の発行
  8. 会員名簿の発行
  9. その他